ACF228

最新で完璧な抗酸化剤

JapanIASサイトは、製品ご紹介のみのサイトに変更致しました。

こちらをクリックして頂くと、IAS推奨の販売サイトに移動します。

JapanIASサイトにご登録頂いていた個人情報、パスワードはご利用頂けません。

新規登録が必要となりますので、予めご了承下さい。

説明

内容量

30カプセル

成分

Nアセチルシステイン, L-メチオニン, DIM (ジインドリルメタン), L-カルノシン,ニンニクエキス(無臭), レズベラトロル(トランスバージョン), ビタミンB6 (ピリドキシン), NDGA (ノルジヒドログアイヤレチン酸), ヨウ化カリウム,ヨウ素, メチルフォレート, クロミウム ポリニコチネイト, セレン, ビタミンB12, カタレース,微結晶性セルロース, ステアリン酸マグネシウム, BHT(防腐剤)

用法と用量

1日につき1カプセルを1~3回。

説明

好気性細胞呼吸によって生じるフリーラジカルとの闘いは、年齢を重ねるほど不利になっていきますが、毎日のACF228服用によってフリーラジカルや有毒な副産物を排除し、免疫力を回復させ、癌の発生率や老化作用の促進要因を軽減することができます。

呼吸する度に体内に大量に取り込まれる酸素は、細胞のエネルギー工場と呼ばれるミトコンドリアで燃やされますが、その効率は94~96%であり、残りの酸素はスーパーオキシド(過酸化物)と呼ばれるフリーラジカルに変換されてしまいます。毎日繰り返されるこのプロセスのせいで、時間の経過とともに体内に大量のフリーラジカルや副産物が蓄積されてしまいますが、これに対抗して、まずスーパーオキシドジスムターゼという酵素が細胞内に発生した活性酸素を過酸化水素に分解し、次にカタラーゼという酵素が過酸化水素を不均化させて酸素と水に変換します。

他に類を見ない効果的なフォーミュラ

ACF228は、酸化防止剤、フリーラジカル、および過酸化物の世界的権威であり、フリーラジカルによる損害が早老要因の75%をしめると主張するリチャード・リップマン博士によって開発され、相乗効果によって私たちの自然免疫能を支援する複数の捕捉剤が含まれている、加齢による多くの原因(ホルモン不足と炎症を除く)を解決できる製品です。

ACF228に含まれる成分

  • Nアセチルシステイン
    最も普遍的な超酸化物であるマイナスイオンの非活性化に欠かせない。
  • NDGA
    あらゆる細胞に欠かせない脂肪酸のラジカル化を防ぐ。
  • BHT
    ラジカルの中でも最も破壊的で、寿命が短いために通常の酸化防止ビタミン剤や細胞性酵素では抑制・破壊することができないヒドロキシラジカル(活性酸素)を抑制する。
  • セレニウム
    細胞の酸化防止能力を復活させ、水銀(重金属)に結合して非活性化させる。がんや心臓病のリスクを減少させ、免疫機能を改善する作用もある。
  • カタラーゼ
    過酸化水素を非活性化して水と酸素に変換させるカタラーゼがないと、体中を自由に徘徊する過酸化水素がスーパーオキシダントと反応して最も毒性の高いヒドロキシラジカルに姿を変える。すべての生物は高齢になるほどヒドロキシラジカルによる深刻な損害を被る。
  • L カルノシン
    抗糖化剤として年齢とともに失われる皮膚の弾力性と白内障や動脈硬化の発症率を改善する。
  • ジメルカプトこはく酸(DMSA)
    鉛、水銀、カドミウムといった重金属をキレート化して心臓病のリスクを下げる。血液脳関門を通過できることから、脳の重金属も取り除くことが可能。
  • ビタミンB6、B12、葉酸
    あらゆる老化防止プログラムに欠かせない成分。2008年の研究では、50歳以上の脳はB12が不足することで縮小するという結果が出ている。
  • ヨード、ヨードカリ
    日常的に摂取している日本人女性の乳がん発生率は世界で最も低いとされる。男女を問わず癌の発生率が低下し、甲状腺機能が改善されることが示されている。
  • クロミウムポリニコチネート
    メタボリック症候群の予防と減量療法に使われている。一般に40歳を過ぎると毎年450gの脂肪がつき230gの筋肉が失われるとされている。
  • レズベラトロル
    赤ワインの天然成分。減量と長寿を支援し、LDL(悪玉)コレステロールによる損害を軽減し、癌の成長を抑制する。

 


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。