記事・論文

最新の記事・論文

このページには最新の記事・論文を表示しています。それ以外の記事・論文については上の検索ボックスから検索してください。

テロメアとTA-65®に関するノエル・トーマス・パットンへのインタビュー

フィル・ミカンズが、テロメア、健康、長寿、TA-65®の役割について、TAサイエンスの創設者兼会長であるノエル・トーマス・パットン氏をインタビューした記録です。

 

フィル:「ノエルさん、お忙しいところお時間を割いて頂きありがとうございます。テロメアとTA-65®についていろいろとお伺いしたいと思います。 いきなり不躾な質問ですが、業界の多くの人々は、あなたがカリフォルニアのバイオテクノロジー企業であるジェロン社からTA-65成分および機能の権利を取得するためにかなりの金額を支払ったことを知っています。それほどまであなたを興奮させた製品とは何なのでしょうか?」

ノエル:「もともとは、私が自分自身で年をとっていることに気づき、それについて何かしたいと思い興味を持ったのが始まりです! 私は、テロメアが私たちの細胞の時を刻む時計であり、短くなったテロメアをテロメラーゼと呼ばれる酵素によって長くすることができるということを学びました。 それで、ジェロン社が、テロメアを延ばすことが証明された何かを発見したと聞いたとき、私は必死でそれを追いかけました。 正直なところ、最初は自分の老化していく「臀部」をどうにかしたかっただけなのです。」

フィル:「読者のために話を少々引き戻しましょう。 まず、テロメアとは何か説明していただけますか?」

ノエル:「もちろんです。テロメアはあなたの染色体の保護エンドキャップです。 テロメアはDNAの反復配列でできており、靴紐の端にある保護用のプラスチックチップのように機能します。 しかし、細胞分裂のたびに、テロメアは短くなり損傷され、最終的には短くなりすぎて細胞の死または老化をもたらします。 したがって、テロメアの長さは私たちの細胞の年齢と直接相関しており、それは細胞の老化の時を刻む時計といえます。」

フィル:「テロメアは年齢とともに短くなり、ほとんどの老化疾患に関連していることは科学的な事実ですよね。 では、テロメアが「より長い」状態に保たれている場合、どんな改善が期待できるのか、今の時点でわかっていることは何でしょう?」

ノエル:「おっしゃるように、テロメアの短縮は、老化だけでなく、ストレスなどのライフスタイルの要因にも関連しています。 テロメアの短縮は、ノーベル賞受賞者のエリザベス ブラックバーン氏がテロメア症候群の病気として挙げた病気全体の根本的な原因であると考えられています。 テロメア症候群の病気には、心臓病と癌の両方が含まれます。 理論的には、テロメアが長いほど寿命が長くなるはずですが、わたしたちが信じているもっと重要なことは、テロメアが長いほど、加齢しても生活の質を延長できるはずだということです。」

フィル:「ではTA65はヒトのテロメアの長さを改善することが示されていますか?」

ノエル:「TA-65は、テロメラーゼを一時的に活性化することが3つの公開された研究でそれぞれ証明されています。 私たちの研究は、TA-65が安全かつ効果的に短くなったテロメアを長くすることができることを示しています。」

フィル:「TA-65は、中国の薬草であるアストラガルスに由来する単一の天然分子だそうですが、 単にその薬草を摂取したり、安くその抽出物を購入して同じ結果を達成することは不可能なんでしょうか?」

ノエル:「アストラガルスには何千もの分子があり、そのうちの1つがTA-65です。 原料になる植物材料を独自のプロセスにより不純物を取り除き、抽出、精製することで、最終的にはTA-65分子のみになります。 多くの人が毎日一般的なアストラガルスサプリメントを服用していますが、幸運にもアストラガルスエキスサプリメントにも0.01%(100分の1パーセント)のTA-65が含まれています。 ただし基本的には、実際にTA-65を服用しない限り、有用な量のTA-65は全く得られません。」

フィル:「あなたは、さまざまな人々に、1日1〜4カプセルの間での異なる用量をお勧めしていますが、それについて少し教えていただけますか?」

ノエル:「テロメアの長さは、遺伝、さまざまなライフスタイル要因、および年齢に基づいて一人一人異なります。 年齢に関連した投薬の一般的なガイドラインはありますが、ほとんどの人は1日1〜2カプセルを服用することで効果があると思います。 65歳以上の人には1日4カプセルをお勧めしますが、40代の方でも自分のテロメアが通常のよりも短いのではと疑って1日4カプセルを服用している方もいます。」

フィル:「あなたは「疑って」と言いましたが、個人が実際にテロメアの長さをテストすることは可能ですか? もしそうなら、あなたは何をお勧めしますか?」

ノエル:「いくつかの利用可能なテストがあります。 知っておくべき最も重要なことは、あなたのテロメアの長さです。なぜなら、それらはあなたを危険にさらすものだからです。 テロメアの長さ検査を提供している会社は3社あります。 スペインの会社Life Lengthは血液ベースの検査を提供し、2つのアメリカの会社TelomeHealthとTelomeMeは唾液ベースの検査を提供しています。」

フィル:「TA-65は数年前から市場に出回っていますが、 副作用や禁忌はありますか? 特に、癌細胞はテロメラーゼを恒久的にオンにしているので、テロメラーゼ活性化因子が癌を引き起こしたり加速したりするかもしれないという懸念についてコメントいただけますか?」

ノエル:「TA-65は6年間市場に出回っています。 有害な副作用は報告されていません。 実際、私たちが受け取るフィードバックでは非常に前向きで、TA-65が多くの人を助けていると聞いて勇気づけられました。癌に関しては、癌細胞の状況であるテロメラーゼの永続的な活性化と、TA-65で起こる一過性(短期)の活性化との間には大きな違いがあります。 私が言ったように、癌細胞は恒久的に活性化されたテロメラーゼを持っており、それは癌細胞を不死にします。 すでに不滅であるものを不滅にすることはできません。 したがって、TA-65のようなテロメラーゼ活性化因子が不死の癌細胞に影響を与えるという考えを支持する科学的根拠はありません。 しかし、TA-65は免疫にプラスの効果があることが示されており、癌治療を受けている人々にとっては、活性力、より強力な免疫力が重要となります。」

フィル:「インターネット上には、テロメアを延長すると主張する他のサプリメントが出回っていますが-それについて何か言いたいことはありませんか?」

ノエル:「TA-65は、テロメラーゼを活性化し、短いテロメアを延長することが証明されている市場で唯一の製品です。 いずれにせよ、他の製品を購入することを考えているなら、まず最初にヒトを対象とした安全性と有効性のテストを確認するべきです。 私の知る限りでは、TA-65以外の製品は人ヒトを対象とした安全性と有効性についてのテストはされていません。」

フィル:「TA-65が依然として高価なサプリメントであることを否定することはできません。 毎日は摂取できないけど、テロメアを保護するためにそれを使用したいという人に何かアドバイスを提供できますか?他の物質と組み合わせることで、その効果をサポートし強化するといったことは可能ですか?」

ノエル:「高齢者やテロメアが短いことがテストされた人には、1日4カプセルをお勧めしますが、確かにそれは高価です。 しかし、年齢にかかわらず、1日1カプセルで健康的なライフスタイルが期待でき、又、オメガ3脂肪酸と組み合わせることで大きな効果を期待することができます。」

フィル:「個人としてのあなたは、他の誰よりも長くTA-65を使用しているのではないかと想像できますが、 どんな違いをどのようにもたらしたと思いますか?」

ノエル:「血液検査では私の免疫機能はポジティブな状態であることを示しました。 私のホモシステイン濃度は低く、骨密度はより高く、認知機能もより速くなっています。 又、私の視力は改善し、実際、大人になって初めて、眼鏡の度を下げることになりました。 これらは、第三者によって行われた客観的な測定です。 主観的には、私は自分自身がそれほど頻繁に病気にならないことに気づきました。 私の性的能力もテニスの技力も改善されました。 一般的に言えば、私はより活力に満ちています。」

フィル:「より長いテロメアはより長い寿命にも関係していると思いますか?」

ノエル:「確かにテロメアが長いということは細胞が長生きすることを可能にします。 そして、私たちは何兆もの細胞で構成されています。 テロメラーゼ活性化因子による人間の寿命延長を調べた研究(数十年かかり、予算も数百万ドルかかる)はありませんが、テロメアの延長は人間の健康期間の長さ、そして活動的および生産的であり続け、真に人生を楽しむことができる年数に大きな影響を与える可能性があると私は個人的に信じています。」

フィル:「ノエルさん、ありがとうございました。読者に、こTA-65®について本当に役立つ洞察を示していただけたと思います。」

ノエル:「フィルさん、どういたしまして。」

白内障を治すLカルノシンとNアセチルカルノシン

マリオス・キリアジス博士 キングズ・カレッジ・ロンドンおよび王立内科医協会の医学学位と大学院修了学位を持つバイオ老人病学者。老人防止医学の第一人者として国際的に認められている。数多くの論文を発表するとともに、医学専門家や一般市民に向けた著書を積極的に執筆。老人防止医学の先駆者として1991年に英国長命協会を設立。   プロローグ...

Can-C 点眼薬‐ 10 年後

マリオス・キリアジス博士 特許取得のN-アセチルカルノシン点眼薬(Can-C)が白内障をはじめとする眼疾患の治療に使われ始めて数年が経ちましたが、その間、穏やかな改良から症状の完全解消まで、何千もの患者に視力の改善が見られました。メーカーによると、現在までに50万本以上が世界中で販売されているということです。...

精力的に90年以上生きるには

リチャード・リップマンPh.D.   「古代人は100年以上生きたが、生涯を通して活動的であった」 ネイ・シン・スー・ウエン(皇帝内科医、紀元前2600年)   老化防止薬を使わなくても、沖縄、サルデーニャ(イタリア)、イカリア(ギリシャ)、マウイ(ハワイ)などの島々には、90歳を超えても健康に暮らしている人が多く見られます。...