記事・論文

最新の記事・論文

このページには最新の記事・論文を表示しています。それ以外の記事・論文については上の検索ボックスから検索してください。

テロメアの長さと心不全との相関関係

心不全が見られる人は、健康な人に比べて心臓の筋肉を作る心筋細胞テロメアが短いことが、ペンメディカルセンターがコネチカット大学と協力して行った研究で初めて明らかにされました。

心不全というのは、何らかの原因によって心臓の筋肉や血管に異常が生じ、心臓の働きが低下する状態を指すものです。心不全の種類や深刻度は、心臓のどの部分の働きが低下位しているのか、急性であるか慢性であるかによってさまざまです。

テロメアというのは、私たちの細胞一つ一つに通常23個ある染色体が劣化したり隣接した染色体同士がくっついたりしないように、上下2つずつ合計4つの末端をカバーしている、いわば靴紐がほつれないように両端につけられているアグレットのようなものです。

心臓疾患患者と健康な人のテロメアの長さを測定して年齢別に分類した今回の研究では、健康な人のテロメアの長さが年齢の影響を受けていないこと、心臓疾患がある人のテロメアは年齢にかかわらず全て短いことがわかりました。さらに、テロメアが最も短かかった患者の心機能が一番低い、つまりテロメアの長さと心不全に相関関係のあること、および心臓細胞のうち心筋細胞テロメアだけが唯一、病気の影響を受けることが明らかにされました。

今後はテロメア保存療法が心不全を防ぐ上で非常に重要になってくると考えられますが、それにはまず、テロメアが心臓病の影響を受けて短くなる仕組みについて、より詳しく知る必要があるでしょう。

関連製品 TA65-250 TA65-100ライト ACF228 松果体機能用バイオレギュレーター

前立腺の老化に伴う徴候を緩和 

前立腺の老化に伴う徴候を緩和 

60歳では約50%、85歳では約90%と、年齢とともに罹患率が高くなる前立腺肥大症は、前立腺癌と違って良性ですが、夜間頻尿、尿意切迫感、排尿時痛、残尿、閉尿といった排尿障害や、勃起不全などの症状を伴う、男性にとって歓迎すべからざる老化現象です。 しかしながら、健康的な食事やライフスタイルを心掛け、必要に応じてサプリメントや薬を服用することで、前立腺肥大を引き起こす組織の増殖メカニズムを緩和し、高齢男性の生活の質を改善することができます。...

テストステロン・ブースターサプリメント

テストステロン・ブースターサプリメント

前立腺や精巣といった男性生殖組織で中心的な役割を果たすテストステロンは、筋肉量、骨質量、体毛といった多くの身体機能に関わっていることから、そのレベルが低い男性は、性機能、精子生産の低下、物忘れなど、幅広く影響を受ける恐れがあります。 精子生産、脳サイズ、心身的エネルギー、脳のシナプス反応、ストレスなどにも影響するテストステロンは、年齢とともに減少しますが、テストステロンが低いと高血圧や肥満になりやすいだけでなく、認識領域や認知症にさえ影響を及ぼしかねません。...

胸腺を回復させて免疫を強化する

胸腺を回復させて免疫を強化する

免疫系の効率にとって重要な胸腺の衰えは思春期から既に始まり、年齢とともに自然に縮小していきますが、胸腺機能を回復させることで免疫系を強化できることから、アレルギーや関節炎など、多岐にわたる疾患に対抗できるようになります。 異物が血流によって全身に循環する前に食い止める、関所の役割を果たすリンパ節には、T細胞、B細胞(Bリンパ球)、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)といった免疫細胞が存在し、感染症や病気との闘いを支援していますが、胸腺が衰えると、T細胞の生産も著しく低下してしまいます。 胸腺を活性するためにNature’s...