記事・論文

最新の記事・論文

このページには最新の記事・論文を表示しています。それ以外の記事・論文については上の検索ボックスから検索してください。

Nitric-Pro™であなたの心臓、性生活、そして全般的な健康をサポートしましょう

レスリーJファレール著

 

心血管疾患からの保護と性生活の向上は、ほとんどすべての人が上位に挙げる健康に関連した2つの目標です。これらの目標を達成するための全体的な戦略は、一般的に健康をサポートしながら、生理学的にきわめて重要な、内因的に生成された分子の最適なレベルを促進することを含みます。その分子が欠乏する場合、高血圧、狭心症、心臓発作、勃起不全(ED)、糖尿病、さらには老化にもつながってきます。この構造的には単純でありながら多面的な分子は一酸化窒素です。一酸化窒素は、血流と血圧の調節、心血管の危険因子の低減、免疫防御と幹細胞の放出の仲介、性機能の強化など、体内でさまざまな重要な役割を果たす強力な血管拡張剤です。さらに一酸化窒素はウエストサイズを縮小する効果もあります。幸いなことに、研究によると、Nitric-Proは最先端の栄養補助食品の主成分であるアミノ酸前駆体を補給することで、この必須物質の循環レベルを高めることが可能であることが示されています。

 

一酸化窒素は、血管機能にとって重要である強力な血管拡張剤です

 

一酸化窒素は、化学的定義によれば、血流内で分解される前の数秒間に複数の生理学的効果を発揮するフリーラジカルです。それは細胞シグナル伝達分子として機能します。つまり、細胞間で情報を伝達して生理学的反応を引き起こす、既知の分子の中でも数少ないガス状シグナル伝達分子の1つです。その生物学的重要性のために、一酸化窒素は広く研究されており、化学、分子生物学、遺伝子治療、および生理学の分野で100,000を超える科学論文を生み出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図1:一酸化窒素の化学分子

一酸化窒素は、体の最も強力な血管拡張剤として主要な役割を果たし、血流を促進し、正常な血圧を維持するために必要なときに血管を弛緩および拡張するように信号を送ります。動脈は、血液を運ぶチューブであるだけでなく、活発で動的な筋肉構造であり、体の変化するニーズをサポートするために伸縮する必要があります。たとえば、心臓に供給する動脈は、適切な一酸化窒素の供給がある場合、運動中に直径が最大50パーセント拡大できます。一酸化窒素の製造現場は、血管の内部を覆う細胞の薄層である内皮です。現在一酸化窒素として知られている物質は、その化学構造が特定される前は、もともと「内皮由来の弛緩因子」と呼ばれ、血管の弾力性を調節する役割を示していました。

 

 

 

図2:一酸化窒素は血管を拡張します。

一酸化窒素には一過性の半減期があるため、継続的な供給が必要です。一酸化窒素の製造における崩壊または障害は、血流の増加に対する身体の必要性に応じて動脈および血管が拡張できないといった内皮機能障害につながる可能性があります。これは、炎症、凝固、プラーク形成、血管の収縮、心血管疾患(狭心症、心臓発作、アテローム性動脈硬化症、脳卒中など)、糖尿病、EDなどの疾患の発症を含む一連のイベントを引き起こす可能性があります。実際、内皮機能障害は、EDと心臓病の両方につながる共通のメカニズムです。どちらかを患う男性は、しばしばもう一方の病状をも示します。どちらも、動脈を拡張し、体の重要な部分への血流を確保する能力を低下させる一酸化窒素産生の障害によるものです。この障害の主な理由は、次に説明するように、一酸化窒素合成の前駆体の不足によるものです。

[注:この説明では、「ED」は勃起不全(Erectile Dysfuction)の略語として使用されており、内皮機能障害(Endothelial Dysfunction)と混同しないでください。]

 

一酸化窒素合成の重要な前駆体、アミノ酸L-アルギニン

 

狭心症の治療に使用されるニトログリセリンやED用に処方されたバイアグラ®などの薬剤は、一酸化窒素経路に作用しますが、実際には、一酸化窒素を生成する代謝経路の根本的な障害を元に戻すことはありません。内皮機能障害とその結果生じるED、心臓病、その他の障害の根本的な問題を修正する別のアプローチは、Nitric-Proの主成分であるアミノ酸L-アルギニンと一酸化窒素合成のための生理学的出発原料を補給することによって一酸化窒素の生物学的利用能を回復することです。体内では、内皮細胞が酵素を放出し、L-アルギニンと酸素から一酸化窒素の生成を触媒します。前述のように、この代謝経路は、L-アルギニンの適切な貯蔵に依存しており、その欠乏は、血管の変化とその結果として生じる障害の舞台を作ります。L-アルギニンは、これから検討するいくつかの臨床研究で示されているように、多くの健康状態、特に血管疾患に対して安全で効果的な一次治療であることがわかっています。

 

 

図3:一酸化窒素の合成。

 

L-アルギニンに関する臨床研究:EDの治療と心血管危険因子の改善

 

2017年の研究では、動脈原性ED(動脈と血管が拡張できないことに起因するED)の男性は、対照群またはEDが別の原因に起因する患者よりも血清L-アルギニンとL-シトルリン(Nitric-Proにも含まれるアミノ酸)のレベルが有意に低いことが証明されました。著者らは、これらのアミノ酸の血清レベルが低いと、一酸化窒素の循環濃度が低下し、EDリスクが高まると結論付けました。

過去の二重盲検プラセボ対照試験では、EDの男性50人を対象に6週間の「高用量」L-アルギニン補給(一日5g (Nitric-ProでのおおよそのL-アルギニン用量))の効果を評価しました。6週間後、治療群の男性の3分の1で(一酸化窒素産生の増加に起因する)尿中の一酸化窒素代謝物のレベルが倍になっており、それに対応した性機能の有意な改善を報告しました。これらの結果は、L-アルギニンが、特定のEDの場合、すなわち一酸化窒素合成の減少に起因する場合(すなわち、動脈原性ED)に有効であることを示しています。

(EDは血管の問題以外にもさまざまな原因から生じる可能性があるため、L-アルギニンの補給によって全体的な健康状態が改善された可能性があるにもかかわらず、この研究ではより多くの男性の症状の改善には至りませんでした。)

また、男性のED症状の緩和に加えて、性的関心の欠如を報告した22-73歳の108人の女性がL-アルギニンと他の成分を含むサプリメントまたはプラセボでの研究で示されているように、一酸化窒素レベルの上昇は女性の性機能も高める可能性があります。4週間後、サプリメントを投与された女性は、性的健康のさまざまな側面の改善を報告しました。

 

複数の心血管リスク因子を持つ患者において、L-アルギニンを一次治療として使用することで肯定的な結果が得られています。ある試験では、6か月のL-アルギニン治療により、動脈の柔軟性が改善され(「大動脈弾性指数」として知られるテストで測定)、収縮期血圧が低下し、研究者が「長期L-アルギニンの補給は、内皮機能障害に関連する病的状態において有益な血管効果をもたらします。」という結論を出すに至りました。

いくつかの研究では、L-アルギニンと肥満患者の心血管危険因子へのその影響を調べました。(肥満は、致命的な心臓発作や心臓病、その他、糖尿病などの危険因子です。)1つの試験では、90人の肥満患者がL-アルギニン(3または6 g、1日3回)またはプラセボを8週間投与されました。8週間後、L-アルギニン投与群は血圧だけでなく、空腹時血糖、糖化ヘモグロビン(HbA1c)、LDLコレステロール、トリグリセリド、総コレステロールの有意な減少を示し、HDLつまり善玉コレステロールの有意な増加を示しました。そして、これらの結果の印象が薄れるくらいの驚くべき結果ももたらしました:患者の体重とサイズ、つまりボディマス指数とウエストサイズが減少したのです!

 L-アルギニンのこの体重減少の可能性は、セレンと低カロリー食と組み合わせて一日5gの L-アルギニンを投与された中枢(腹部)肥満の女性を対象とした別の試験で確認されました。

これらの研究は、L-アルギニンを、肥満患者、そして潜在的な糖尿病患者やメタボリックシンドローム患者の体重減少と心血管危険因子(血圧、血糖、HbA1c、コレステロール)の低下に対する新規で効果的な治療法として確立しました。(メタボリックシンドロームは、高血圧、高血糖、不健康なコレステロール値、腹部脂肪などの一連の危険因子によって特徴付けられます。この症候群はより頻繁に見られるようになっており、心臓病や糖尿病のリスクを高めます。)

 

驚くべきことに、L-アルギニンの補給は、若い健康な成人でも特定の心血管リスク因子を減らすことができます。二重盲検プラセボ対照試験では、21歳(平均)の52人の男性がL-アルギニン(1日2g)またはプラセボのいずれかを45日間投与されました。結果として、L-アルギニン投与群の人々は空腹時血糖、トリグリセリド、およびコレステロールの有意な減少を示しましたが、収縮期および拡張期の血圧は変化しませんでした。

おそらくこれらの数値はこれら健康で若い被験者では、すでに最適な範囲にあったためだと思われます。先に見たように、L-アルギニンは、肥満や高血圧の場合、血圧が上昇すると血圧を下げます。

 

従って、上記の試験の結果を要約すると、前駆体L-アルギニンを補給することによって一酸化窒素産生を高めることは、血流と血管の弾力性を正常化し、心血管リスク因子を下げ、サイズを削り、体重減少を促進し、そして男性と女性の両方において性的能力を高めることにつながります。しかし、覚えておいてください。一酸化窒素の供給が減少する影響を受けるのは、肥満、糖尿病、心臓病、EDの患者だけではありません。老化プロセス自体が、内皮機能の変化と一酸化窒素合成の障害に関連しており、動脈の継続的な硬化と閉塞を引き起こし、西洋における主要な健康リスクをもたらします。

 

一酸化窒素は免疫反応を高め、幹細胞の放出を刺激します

 

一酸化窒素は、血管の健康を促進し、代謝パラメーターを正常化するという劇的な効果に加えて、免疫反応と幹細胞の放出も仲介します。

 

11件の試験に登録された321人の患者を評価する注目すべきメタアナリシスでは、L-アルギニンを補充した患者が対照よりも有意に高いCD4+ T細胞増殖と低い感染率を示したことがわかりました。CD4+ T細胞は、病原体に対する調節された効果的な免疫反応を達成するために重要な白血球の一種です。)そして医療ジャーナル“セル”での興味深い研究は、L-アルギニンの細胞濃度が抗腫瘍活性に重要なT細胞の完全性と生存能力に直接影響することを示しました。それは、癌からの保護を強化することを意味します。両方の研究で得られたプラスの効果は、少なくとも部分的には、L-アルギニンによって誘発された一酸化窒素産生の増加に反応した細胞シグナル伝達能力の増強に起因している可能性があります。

 

ペンシルベニア大学での画期的な研究で、高圧酸素療法(HBOT)と呼ばれる技術を使用している研究者は、一酸化窒素が骨髄からの幹細胞の放出を刺激することを発見しました。幹細胞は未分化の「一次」細胞であり、そこから体内の他のすべての細胞型が派生します。これらの未発達の細胞は、必要に応じて、筋肉、血液、神経細胞などのさまざまな特殊な細胞タイプを増殖および生成する能力を持ち、体の組織や臓器を継続的に維持、修復、再生する全体的な機能を備えています。継続する組織および臓器の修復は重要な機能であり、特に骨髄における幹細胞の効果的な活性化、分化、および動員に依存しています。

 

高圧酸素療法(HBOT)は、傷、怪我、感染症、火傷の治癒を促進する目的で、および他の医療用途で、専用のチャンバー内またはガスマスクを使用して、大気圧よりも高いレベルで身体を100%酸素にさらすことで行われます。ペンシルベニア大での研究で確定されたように、この技術による治癒能力の増加は、かつて考えられていたように組織の酸素化の強化によるものではなく、骨髄からの幹細胞の放出を刺激する一酸化窒素のバイオアベイラビリティの向上によるようです。

 

この研究では、HBOTを受けた被験者は、1回の治療で血流中のCD34+ 細胞が倍増し、20回の治療で8倍まで劇的に増加しました。(骨髄CD34+ 細胞は幹細胞と前駆細胞を含み、さまざまな血液細胞タイプすべてに分化することができます。)マウスでは、HBOTは予想通り循環幹細胞も増加させましたが、さらに研究者は興味深い発見をしました:HBOTは骨髄の一酸化窒素濃度を上昇させたのです。内皮型一酸化窒素シンターゼ(一酸化窒素の産生に重要な酵素)の遺伝子を欠くマウスでは、骨髄からの幹細胞の放出が妨げられました。これは、一酸化窒素シンターゼ阻害剤で前処理されたマウスの場合にも同様でした。 これらの最後の発見は、一酸化窒素が高圧酸素への曝露中に骨髄から幹細胞の動員をもたらす要因であることを示しています。

 

これらの結果は、損傷した組織や臓器を修復および再生する目的で循環幹細胞を増加させる手段としてHBOTを使用することにより、再生医療の分野に大きな影響を及ぼします。幹細胞放出に対するL-アルギニン補給の直接的な効果に関するこれまでの研究は発表されていませんが、アミノ酸は一酸化窒素経路の刺激を通じて、幹細胞増殖を誘発する能力も持っている可能性があります。

 

Nitric-Pro-ターゲットを絞った包括的な一酸化窒素エンハンサー

 

血流中を循環する一酸化窒素のレベルが上がることで素晴らしい健康上の利点をすべて享受したいのなら、レジメンに含める理想的な製品は、臨床試験で使用される用量の範囲(すなわち、約2〜6g)である、1袋あたり4.75gのL-アルギニンを含むNitric-Proです。Nitric-Proは、フルーツジュースや水と混合でき、正確な投与量になるよう、個々の小袋に事前に梱包された便利な粉末として処方されています。この包括的な処方には、血管および全般的な健康をさらにサポートするために、以下の実証済みの成分の組み合わせが含まれています。

 

  • L-シトルリン:体内でL-アルギニンに変換されるアミノ酸。
  • ビタミンB複合体:エネルギー生産と細胞代謝に関与する経路に必要です。特に、ビタミンB12、B6、および葉酸は、心臓血管の健康を促進する健康なホモシステインレベルを維持します。
  • ビタミンD:免疫機能、炎症の軽減、骨の健康、細胞増殖の調節、心血管保護など、全般的な健康に不可欠な脂溶性前駆体ホルモン。
  • ビタミンC:内皮機能障害、脂質プロファイルの変化、プラークの蓄積など、心血管疾患の多くの側面から保護することが示されている強力な抗酸化物質。ビタミンCはまた、血管に強度と柔軟性を与える主要な結合組織タンパク質であるコラーゲンの生成を刺激します。ビタミンCは、ビタミンEを含む体内の他の抗酸化物質を再生し、免疫機能にも重要な役割を果たします。
  • ビタミンE:心血管疾患の危険因子を減らす可能性のあるもう1つの強力な抗酸化物質。ビタミンEは、免疫機能、細胞シグナル伝達、遺伝子発現の調節、およびその他の代謝プロセスにも関与しています。
  • マグネシウム:タンパク質合成、筋肉と神経の機能、血糖コントロール、血圧調節など、さまざまなプロセスを調節する300を超える酵素システムの補因子。マグネシウムは、内皮の平滑筋層を弛緩させ、正常な心臓のリズムと血圧を促進します。マグネシウムは、一酸化窒素の合成における補因子でもあります。
  • クロム:インスリンの作用を高め、前糖尿病と糖尿病の血糖コントロールを改善する必須微量元素。
  • セレン:甲状腺ホルモン代謝、DNA合成、心臓と脳の健康をサポートし、酸化的損傷と感染から保護するセレノプロテインとして知られる化合物のもう1つの必須微量元素と成分。
  • CoQ10:コエンザイムQ10は、心臓血管の健康をサポートするよく知られたサプリメントであり、ミトコンドリアのエネルギー生成に重要な役割を果たします。

まとめ

 

動脈の健康と血流を促進する血管拡張剤から幹細胞放出の刺激剤まで、一酸化窒素が体内で果たす多くの役割を見てきました。ガスとして生成されるフリーラジカルであるこの単純な分子が、このように多様な生理学的機能を調節することは驚くべきことです。また、臨床研究で示されたように、その前駆体である栄養補助食品として市販されているアミノ酸が、心血管の危険因子を劇的に改善し、EDの症状を緩和し、体重減少を誘発し、免疫機能を高めるための第一選択療法として使用できるという事実も驚くべきことです。

Nitric-Proを補給することは、最適な一酸化窒素レベルを確実に生成および維持するための理想的で便利な方法です。そうすることで、あなたの心臓、そして身体の全てが感謝することでしょう。

テロメアとTA-65®に関するノエル・トーマス・パットンへのインタビュー

フィル・ミカンズが、テロメア、健康、長寿、TA-65®の役割について、TAサイエンスの創設者兼会長であるノエル・トーマス・パットン氏をインタビューした記録です。   フィル:「ノエルさん、お忙しいところお時間を割いて頂きありがとうございます。テロメアとTA-65®についていろいろとお伺いしたいと思います。...

白内障を治すLカルノシンとNアセチルカルノシン

マリオス・キリアジス博士 キングズ・カレッジ・ロンドンおよび王立内科医協会の医学学位と大学院修了学位を持つバイオ老人病学者。老人防止医学の第一人者として国際的に認められている。数多くの論文を発表するとともに、医学専門家や一般市民に向けた著書を積極的に執筆。老人防止医学の先駆者として1991年に英国長命協会を設立。   プロローグ...

Can-C 点眼薬‐ 10 年後

マリオス・キリアジス博士 特許取得のN-アセチルカルノシン点眼薬(Can-C)が白内障をはじめとする眼疾患の治療に使われ始めて数年が経ちましたが、その間、穏やかな改良から症状の完全解消まで、何千もの患者に視力の改善が見られました。メーカーによると、現在までに50万本以上が世界中で販売されているということです。...