泌尿器機能用バイオレギュレーター/旧名チトマー

泌尿器系機能の正常化を支援

商品コード: 1152 カテゴリー: , , ,

JapanIASサイトは、製品ご紹介のみのサイトに変更致しました。

こちらをクリックして頂くと、IAS推奨の販売サイトに移動します。

JapanIASサイトにご登録頂いていた個人情報、パスワードはご利用頂けません。

新規登録が必要となりますので、予めご了承下さい。

説明

内容量

20x200mgカプセル

成分

ペプチド複合体、ポリソルベート80,結晶セルロース(E460),シュガービート,ラクトース,スターチ

用法と用量

1日に2錠を10日間(合計20錠)半年毎に服用するのが一般的ですが、必要に応じて毎月、あるいは2~3ヶ月に1度繰り返されることもあるでしょう。1日1錠を2回に分けて30日間、4~6ヵ月毎に服用することもできます。

説明

抗酸化作用によって膀胱壁細胞における代謝プロセスを調節し、その柔軟性と管理を支援することで、尿流や慢性膀胱炎を改善し、過敏性膀胱症候群(OBS)や良性前立腺肥大(BPH)との闘いを支援することが示されている。リビドンと併用される場合がある。

幹細胞に代わる遺伝子スイッチ

サンクトペテルブルグ老年学研究所の創立者であり現理事のウラジミール・カビンソン医学博士の研究により短鎖ペプチドとDNAの関係が明らかとなり、現在では、濃縮ペプチド・バイオレギュレーターがDNA鎖の修復・再生過程を有効に活性化すると、ロシアの研究グループにより示されています。

ペプチドバイオレギュレーター治療は、ロシアで長年に渡って何千人もの人々を対象に臨床されてきましたが、重篤な副作用や禁忌に関する報告がないこと、完全に作用するために免疫システムを抑制する必要がないこと、比較的低価格で経口による服用が可能であることから、幹細胞に勝ると言えるでしょう。

ペプチドバイオレギュレーターは各部位ごとに働く21種あり、様々な組み合わせで使用が可能です。


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

注意

これまでのところ副作用の報告はなく、既知の禁忌もありませんが、脂質レベルを下げる薬やホルモンサプリメントを服用している人がペプチド・バイオレギュレーターを服用する場合は、服用量を減らすとともに、頻繁に血中濃度をモニタリングする必要があるでしょう。

よくある質問

Q:男性と女性では服用量に違いがありますか?A:特に関係ありません。服用量は性別や体重ではなく、必要に応じて決まります。Q:すべてのペプチド製品に血管ペプチドを加えるべきでしょうか?A:カビンソン博士は血流が改善されることで他のすべてのペプチド・バイオレギュレーターの作用が高められるとしています。

その他関連事項

関連製品