オーバジェン/肝臓と消化管リンガルバイオレギュレーター舌下剤

肝臓と消化管機能の正常化

JapanIASサイトは、製品ご紹介のみのサイトに変更致しました。

こちらをクリックして頂くと、IAS推奨の販売サイトに移動します。

JapanIASサイトにご登録頂いていた個人情報、パスワードはご利用頂けません。

新規登録が必要となりますので、予めご了承下さい。

説明

内容量

10ml

種類

サプリメント

成分

AC-3 (ロイシン, グルタミン酸, アスパラギン酸)

用法と用量

1日3~4回。食事の10~15分前に5~6滴(0.25ml~0.35ml)を舌下に入れ、口腔粘膜からの吸収させる。

1ヶ月間の使用が推奨されます。その後は3ヶ月か6か月毎に1ヶ月間の使用が推奨されます。

説明

Ovagen®は、肝臓と消化管の正常化に役立つアミノ酸を含むペプチドバイオレギュレーター複合体の合成バージョンです。

臨床研究により、Ovagen®は、病因の肝炎に苦しむ患者の複雑な治療、放射線や化学療法の合併症や抗生物質や他の薬を使用する際の副作用、さまざまな有害物質の身体への影響、及び高齢者の栄養失調をともなう肝機能の維持等への有効性が確立されました。

長年の研究の結果、生理学的に活性するペプチドへの新たなアプローチが開発されました。ポリペプチドのアミノ酸配列の分析に基づき、動物由来の抽出物から取り出したアミノ酸から活性の中心となる短鎖ペプチドを取り出したバイオレギュレーターの合成バージョンです。

この最新の生物学的に活性するサプリメントは、パラ医薬品として、一般名Cytogens®と呼ばれます。
有効性の点では動物由来成分のみのバイオレギュレーターより優れており、副作用なく少用量で効果が期待でき、他に類を見ない製品です。

合成バイオレギュレーター(Cytogens)と動物由来バイオレギュレーター(Cytomax)の違いは、合成Cytogensは初期段階でより速く作用することですが、その効果は、作用に時間がかかる動物由来のCytomaxほど長くは続きません。効果の持続性は、動物由来バイオレギュレーターの方が長く続きます。したがって、合成Cytogensを初期に使用し、動物由来のCytomaxに移行するプログラムをお勧めします。


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

関連製品