COVID-19に感染の早期識別に役立つ嗅覚や味覚の損失

嗅覚や味覚の喪失がみられる人は、他の症状がある人よりもCOVID-19に感染している可能性が10倍以上高いことが、カリフォルニア大学の研究による初めての経験的発見として報告されています。 2020年3月3日から3月29日の間にカリフォルニア大学サンディエゴヘルス(USサンディエゴヘルス)で検査を受けた、潜在的なCOVID-19感染が疑われる、あるいはインフルエンザ様徴候を持つ1,480人のうち、1,378人が陰性、102人が陽性と判明しました。...

症状の解消後も感染力を維持し得るCOVID-19

軽度のCOVID-19感染症患者の半数に、症状が消えた治療後も最大で8日間にわたってコロナウイルスを排出し続ける可能性があることが、イエール大学の研究で判明しました。 今回の研究では、2020年1月28日から2月9日までの間に北京のPLA総合病院(PLAGH)で治療を受けたCOVID-19感染症患者16人(平均年齢35.5歳)の咽頭から採取したサンプルを分析、連続的なポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストによるウイルスの陰性確認が、退院後に少なくとも2回行われました。...

変更可能なアルツハイマー病の危険因子

アミロイドの蓄積はアルツハイマー病の重要な特徴ですが、疾患発症に関する唯一の危険因子ではなく、血液中の脂肪量や体内におけるエネルギー生産の効率といった変更可能な危険因子も重要な役割を担っている可能性が、カリフォルニア大学の研究で示されています。...

コロナ感染による死亡率と大気汚染レベルの関係

北イタリアでコロナ感染症による死亡率が高かった理由の一つとして、大気汚染レベルとの関係があげられることが、オルフス大学らによる研究で示されています。 世界中の患者のCOVID-19による病気の経過は、地域や患者によって異なります。多くの患者はインフルエンザに似た症状を経験しますが、死に至ることもある急性呼吸器感染症のために、入院を余儀なくされる人も少なくありません。...

COVID-19ロックダウンによって成人が心身に受ける影響

COVID-19による影響を多く受けた地域に住む成人は、苦痛を感じ、心身の健康や満足度が低下することが、アデレード大学らによる予備研究で示されています。 アデレード大学のスティーブン・チャン博士が率いる、同済大学およびシドニー大学との共同研究では、今年の2月に1ヶ月間におよぶ監禁措置のもとで生活した、中国64都市に住む369人の成人を対象に行われた調査では、参加者の38%がロックダウンの影響で在宅勤務に切り替え、25%が退職する一方で、4分の1以上がロックダウンの最中もオフィス勤務を続けていました。...