免疫系の効率にとって重要な胸腺の衰えは思春期から既に始まり、年齢とともに自然に縮小していきますが、胸腺機能を回復させることで免疫系を強化できることから、アレルギー関節炎など、多岐にわたる疾患に対抗できるようになります。

異物が血流によって全身に循環する前に食い止める、関所の役割を果たすリンパ節には、T細胞B細胞Bリンパ球)、NK細胞ナチュラルキラー細胞)といった免疫細胞が存在し、感染症や病気との闘いを支援していますが、胸腺が衰えると、T細胞の生産も著しく低下してしまいます。

胸腺を活性するためにNature’s Marvels 胸腺機能用バイオレギュレーターを使用することで胸腺機能が安定し、異物と闘うだけでなく病気を記憶しているT細胞の生産を再び活性化することができます。胸腺機能の正常化は、免疫改善につながり、免疫機能が低下する病気にも有効です。