Nature’s Marvels バイオレギュレーター(以降バイオレギュレーターと表記)の開発研究者であるウラジミール・カビンソン博士は、現在、欧州老年学および老年医学アカデミーの会長ですが、1980年代、ソビエト連邦(現ロシア連邦)の軍事医療隊の大佐でした。当時、彼と彼のチームは上層部からの指令により、隊員におこる健康障害を改善する研究に従事し、短鎖ペプチドとDNAの関係性に注目し研究を進め、約20年間の臨床研究の結果、バイオレギュレーターの開発に成功しました。
当時は、軍事機密として公開されておりませんでしたが、現在、それらの研究は公開され、バイオレギュレーター製品として、現在に至っています。

バイオレギュレーターは、非常に特別な短鎖ペプチドであり、各臓器、腺、組織に働きかけ、タンパク質合成を開始する為の「ショートカット」として機能する事を特定します。

バイオレギュレーターが特定のDNA鎖と相互作用し、修復と再生プロセスを効果的かつ非常に具体的に活性化することを示しています。

現在IASでは21種類のバイオレギュレーター製品を取り扱っていますが、その中の1つである心臓機能用バイオレギュレーターは、心臓の調節や、冠状動脈疾患高血圧、心筋炎、心房細動、心臓麻痺といった心臓疾患との闘いを支援するうえに、ストレスを軽減する効果もあります。